次世代の矯正歯科相談

私は、生まれてから、ずっと受け口でした。受け口というのは、下顎が上顎より前に出ている状態です。
そのため、言葉がうまく発音することができませんでした。とくに、さしすせそ、の発音がおかしな発音になってしまい、友達の前で言わされることもあり、いじめの種にもなっていました。

そればかりか、給食などはいつも食べ終わるのが遅く、とくにお肉が出ると噛み切るのが大変でした。かみ合わせというのは、こんなに、重要なものなのだと思いました。
そのいじめなどのせいか、性格も内向的となり、うまく話せないことも加わり、人間関係もうまく築くことが出来ませんでした。小学校3、4年生の頃、見かねた母親が、矯正歯科に相談してくれました。
その当時住んでいた町では、矯正歯科は1件もありませんでした。ですので、隣の町まで矯正歯科に通わなくてはなりませんでした。
それも、電車で通ったことを覚えております。矯正歯科での治療は時間がかかります。
治療法としては、まず、歯の状態を見て、歯のいらない部分の乳歯などは、痛くもない歯を抜歯したりもしました。それも下顎を矯正するには、必要なことだったのだと記憶しております。
それから矯正歯科では、歯の型を取り、それをもとにプラスチックと金属で出来た型を口に入れ、歯の部分に金属が当たるようになっていました。それで固定をしているようでした。
それを、夜寝る時だけ装着するように言われ装着をしておりました。慣れる前はとても嫌でした。

なぜかと言えば、歯が浮いた用な感じがしたり、痛みを覚えることもあったためです。慣れていくうちに、その型をはめて寝ないと変な感じに思えてくるから不思議でした。
なんとか、3年くらい通いました。はたから見れば、受け口とはわからないくらいになったのでそこで、通院を卒業いたしました。
息子は、指しゃぶりのせいで、出っ歯になり、その矯正のために、今、矯正歯科に通っております。治療は私とほぼ一緒です。
違うことは、トレーニングがいろいろとあり、いろいろなアドバイスをしてもらえることです。これからも、通い続ける予定です。

安心できるインプラント治療もおこなっているので今後も利用したいと思います。

眼瞼下垂についてはこちらがおすすめです。